「照明」「空調」「厨房機器」など
業務用設備のお悩みを、あっという間に解決します!

catch-img

看板照明もLEDに交換しよう!

水銀灯や投光器など、一般照明用の高圧水銀ランプに対する規制がついに始まります。2020年12月31日以降、対象製品の製造や輸出入が全面禁止に。今後は製品在庫が限られてくるため、必然的に他種類のランプへ切り替えることになります。

そんな状況のなか、次世代の照明として注目されているのがLED照明です。エネルギー効率がよく、環境にもやさしい照明として、電球や蛍光灯などを中心に導入が進んでいます。室内の照明はもちろんのこと、実は屋外の照明や高所にある水銀ランプこそ、LEDのメリットを生かすことができるんです。そこで今回は「看板照明」にスポットをあてて、LED化のポイントについて見ていきましょう。

看板照明こそLEDが最適!

LEDはとにかく省エネ

みなさまご存じのとおり、LEDはとってもエコな照明です。これまでの水銀ランプと比べ、消費電力が約80%ダウン。水銀灯や投光器は特に消費電力が大きいため、LEDに交換するだけで大幅なコスト削減が期待できます。そこで浮いたコストを新たな投資や広告宣伝費に活用して、認知度や集客アップのために役立てることも可能です。

最大で約5倍も長持ち

LEDの寿命は約40,000時間。従来の水銀ランプより約3倍~5倍も長持ちします。利用環境による変動はあるものの、1日10時間の点灯で約11年も使うことが可能です。また高所や屋外の照明交換には、高所作業車の手配や道路許可申請が必要なケースも多いので、そのぶん負担も大きくなります。屋外照明のメンテナンスが少なくて済むということは、非常に大きなメリットと言えそうです。

清潔感も同時にアップ

LEDは紫外線の放射がほとんどありません。そのため、虫が寄り付きにくくなる、照射による看板へのダメージが少なくなる、などの効果があります。看板は企業や店舗のシンボルです。清潔感を維持することで、集客効果のアップが期待できます。

タイプにあわせて対応しましょう!

看板照明のタイプは大きく分けて2種類。使われている照明の種類がそれぞれ異なります。設置している看板のタイプにあわせてLED製品を選びましょう。

内照式看板

電飾スタンド看板や袖看板(突き出し看板)のように、内側に光源を納めるタイプです。蛍光灯が使われているケースが多く、直管型LEDランプやLEDモジュールへの交換となります。全体をむらなく照らすことができ、看板まわりをすっきり納めることができるのが特長です。

外照式看板

壁面看板や建植看板(自立看板・野立て看板)のように、外側から表面を照らすタイプです。多くの場合、スポットライトや投光器からの切り替えとなります。また照明器具の劣化による事故を防ぐためにも、LED導入の際は一式まるごと交換するのがおすすめです。

初期費用ゼロでLED化できます!

LED化のメリットが分かったとはいえ、設置費や工事費なども合わせると初期コストはまだまだ高額。そんな問題を解決できるのが、株式会社ネクシィーズが提供している設備レンタルサービス「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」です。

一括購入が難しいLED照明も、初期費用オールゼロで導入可能。設置する製品はすべて5年間の保証付きなので、導入後も安心して利用できます。また、レンタル期間満了後は所有権が移転。お客様のものとしてそのまま利用できるので、レンタル料が掛け捨てになりません。​​​​​​​

ネクシィーズでは、照明コンサルタントの資格を持ったスタッフが、看板のタイプや設置状況にあわせて最適な製品をご提案しています。高所作業車や道路許可申請、警備員などの手配もまるごと対応可能です。全国無料でお見積もりいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。