「照明」「空調」「厨房機器」など
業務用設備のお悩みを、あっという間に解決します!

catch-img

【飲食店】快適なお店をつくる空調選びのコツ

飲食店は美味しい料理を提供するだけでなく、お店の雰囲気づくりも大切な要素となります。清潔感や快適性に配慮し、食事を楽しめる空間になるよう心掛けなくてはいけません。そしてそのカギとなるのが、店内の空調設備です。エアコンの効き方次第でお店の印象が大きく変わるため、どんな機種を選ぶかが大きなポイントになります店舗の構造や業種によって必要な機能や設置するタイプが変わるので、それぞれの特長をチェックしていきましょう。

機能選びのポイント

快適な空間をつくるためには、お客様はもちろん、料理にも風が直接当たらないような配慮が必要です。そのうえで業態に合わせた機能を選ぶようにしましょう。

カフェ・喫茶店の場合

滞在時間が長いカフェや喫茶店では、風向きや風量、温度を自動で調節できるセンシング機能付きエアコンがおすすめです。

焼肉店・鉄板焼き屋の場合

焼肉や鉄板焼き、お鍋など、お客様の近くに熱源があり熱がこもりやすいお店では、風量やパワーを重視て選ぶ必要があります。

そのほか、天井の高さやお店の奥行、入口の扉を開けたまま営業しているかなど、状況に合わせた選定が必要です。

タイプ選びのポイント

天井カセット形

天井内に埋め込むように設置するためデザイン性が高く、温度ムラが出にくいのが特長です。スタンダードな4方向タイプのほか、幅が狭くて奥行きがある縦長の店舗には2方向タイプがおすすめです。

天井吊形

スリムなデザインでインテリア性が高く、お店の雰囲気になじみやすいイプです。天井に穴が開けられない場合や、埋め込みができない場合に最適。天井カセット形に比べ据付も簡単です。

壁掛形

ルームエアコンのようなシンプルさと、業務用エアコンならではのパワフルさを兼ね備えています。コンパクトサイズですっきり収まるので、小規模の飲食店に向いています。

床置形

高天井の店舗でも問題なく設置できます。操作性に優れていて、掃除やメンテナンスも簡単。フロアに設置スペースが必要ですが、最新の薄型モデルなら省スペースで収まります。

厨房向けモデル

熱や油煙(オイルミスト)、蒸気など、過酷な厨房環境にも耐えられる高性能・高耐久モデルです。錆に強い、汚れにくい、掃除がしやすいなど、衛生的な点も厨房向けエアコンの大きな特長です。

夏の空調トラブルは要注意

不調のサインを確認しましょう

夏場は空調の稼働率が増えることもあり、トラブルの多い季節です。もし急に故障した場合、修理をするのに数日かかることもあります。補修用部品のメーカー保有期間は製造終了から約9年とされているので、古い空調を使い続けている場合にはその点にも注意が必要です。稼働時の音がうるさい、ニオイや水漏れが気になる、冷房や暖房の効きが悪い、など不調のサインが出ている場合には、早めに点検を行うようにしましょう

利益率も同時に改善できます

最新モデルの業務用エアコンは、2001年の生産機種に比べ消費電力が65%も下がるので、毎月の電気代を大幅に削減できます。利益率を上げるためにはコストダウンが効果的。特に飲食店は空調や冷蔵機器の稼働時間が長く、電気代が大きな負担になります。消費電力の削減がコストカットに直結するので、古くなった空調設備は早めの入れ替えがおすすめです。

初期費用ゼロでリニューアルできます

空調の入れ替えはレンタルがおすすめ

空調設備の入れ替えには、まだまだ高額な費用が掛かります。最新の省エネモデルを新品で導入しようと思ったらなおさらのこと。しかし株式会社ネクシィーズが提供するレンタルサービス「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」なら、そんな問題をまるごと解決できます。

設置・工事費のほか、既存設備の廃棄費なども含めて初期費用0円」。設置する製品はすべて新品で、パナソニック、日立、三菱、ダイキンなど、国内大手メーカーの最新モデルを提供しています。さらに保守契約不要で5年間の製品保証が付いているので、安心して利用できます。また5年間のレンタル満了後は所有権がお客様に移転し、そのまま使うことができるので、レンタル料が掛け捨てになりません

株式会社ネクシィーズでは全国無料の現地調査を実施していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。最新の空調設備で、快適な店舗づくりを進めましょう!